メインイメージ画像

効率のよい探し方で決める

できるだけすぐに転職先に採用されるといいですが、長い間仕事が決まらない場合もあります。職探しが長期になると、不安と焦りの繰り返しになりがちです。この期間をいかに過ごすか、この時の努力が今後の、職探しの仕方に大きく響いてきます。辞職してすぐは、たくさんの企業に履歴書を送ったりして暇がないですが、長期化すると、応募できる案件も減ってきて、日々だらしなくなりやすいです。

その分、余計に早起きして、可能な限りの作業や、どうしてもなければ気分を変えて新聞に目を通してみたり、夜は早く寝るという規則正しい生活リズムをキープするようにしましょう。

短期間での離職は、転職をするときには不利だと言います。働いてから一年未満での転職を考えている時には、前向きな理由を申告するとよいでしょう。同じ業種で今よりも一歩前進する方向で伝えてみましょう。

あとは、短期間で転職を望んでいるからといって、必ずしも不利とは言い切れないようです。違和感を感じながら、何年も職場にしがみついていたという方が、印象が悪い場合もあります。今の会社を続ける事で、自分の将来のビジョンとあまりにかけ離れてしまう場合などは、自分の考えやこれからの事も含め、言える範囲で正直に伝えると良いと思います。短期での辞職を、何度も繰り返している場合は、デメリットになりうるので、細かく自分を反省してポジティブなイメージを付けられるよう努力しましょう。

更新情報